着物の買取価格には法則がある

楽しい着物買取講座
楽しい着物買取講座

着物の買取価格って安いの?

購入したときは何十万円もした着物が、着物買取のときは二束三文の価格だった…着物買取について調べていると、こういった内容の口コミや体験談を目にすることがあります。実際、中古着物の買取価格は本当に安いのでしょうか。

こればかりは個人の着物の買取価格の捉え方や、売る着物の状態や種類によって変わりますので、一概にはいえません。ですが着物は昔から言われてきたように「本当の贅沢品」であり、購入したときは何百万円の値段で買っていても、売るときにはその価値は評価されづらくなっています。ですので価値が温存されにくいといった意味で、贅沢品だと言われてきました。また高級着物の素材として使われている絹は非常にデリケートで、そのまま放っておくだけで虫食いやシミ、湿気などでダメージが生じてしまいます。

そうなると必然的に買取価格は下がってしまい、思ったよりも買取価格が伸びなかった…という感想につながります。また、現在は洋服が主流で和服や着物の需要があまりなく、買取価格も安くなってしまっています。

ですが価値の高い着物をしっかり評価してくれる着物買取業者を選ぶことで高価買取に繋がりやすくなりますので、着物を高く売りたいのであれば業者選びは慎重に行うと良いでしょう。

買取後の着物はどうなるのか

着物買取業者に集まった着物は、その後様々なルートに乗って再利用されます。最も主流であるのがリサイクル着物としての再販売で、個性的なアンティークの着物や着る機会の多い訪問着などの着物は店頭でも人気の品です。

今はリサイクル着物の専門店なども数多く立ち並び、ファッションとしても着物を楽しむことが出来る時代になりました。そのためリサイクル着物自体の需要は非常に高く、新品の着物は高くて買えないが、中古の着物であれば安く買えるので重宝している、といった声も多いです。買取後の着物で、状態が悪く着物として着ることが出来なければハギレとして再利用されます。

今は着物のハギレを使った小物などが人気で、綺麗な着物の色柄を気軽に楽しむことが出来るので、海外からも高く評価されています。