着物の買取と処分の特徴の違い

楽しい着物買取講座
楽しい着物買取講座

着物の処分と買取の違いについて

購入したけどほとんど袖を通さずしまったままの着物をお持ちの方も多いでしょう。家族から譲り受けても、なかなか着る機会がありません。着物を整理しようと思った時に、方法としてあげあられるのが着物の処分と買い取りです。

この着物の処分と買い取りについて詳しく調べてみました。

■着物の処分する場合の基準を知りたい

まず着物の保管状態をしっかり確認しましょう。ほんの数回着用したまま収納していても、虫に喰われて穴が開いたいるかもしれません。しみや汚れがある場合は、程度をしっかり把握しておくことが大切です。

目立つ傷や汚れがあると買取してもらいたくても、困難な場合が多いです。着物の状態があまり良くなければ、買取よりも処分した方がいいでしょう。

■着物の処分はどうする

まわりに着物を欲しいという方がいれば、傷やしみをきちんと説明して譲ってあげるといいでしょう。誰かにまた着用してもらえれば嬉しいですよね。

傷やしみが大きい場合はリメイクするという手段もあります。大胆に裁断して、着物から洋服を作ったりバッグを作ることもできます。古布として端切れをセットににして、オークションなどで販売する人もいます。

■着物の買取方法とは

状態のいい着物は買取が可能です。買取してもらえればその分収入になりますし、着物も再販売され誰かが着用してくれます。買取業者や店舗にお願いして着物を査定してもらいましょう。

街中にあるリサイクルショップでは着物の価値をきちんと査定してもらえません。この際、着物専門のお店を探すことが重要です。しっかりとした買取店を見つけるために、数社に査定を依頼してみて下さい。

■着物の処分と買取まとめ

着物には様々な思い出がつまっているでしょう。簡単に処分することはなかなかできません。状態のいい着物はまず買取してもらうことをお勧めします。価値を適正に評価している買取店舗に査定を依頼して、金額を確認してから取引することが可能です。