着物を売る際には注意が必要です!

楽しい着物買取講座
楽しい着物買取講座

着物が売れる価格は状態によって変化

着物の買取となると、やはり最も気になる点としては「着物が一体いくらで売れるのか」だと思います。

ですが着物を売るときの買取価格はその着物の価値だけでなく、着物の保管状態によっても大幅に変わってくるのです。例えば高級着物と名高い大島紬などであっても、綺麗でクリーニング代があまり掛からない状態と、着ることが難しいくらい状態の悪い着物であれば前者の方が圧倒的に再販売しやすく、買取価格も高めに見積もってくれそうなのが予測できるかと思います。

ですが着物は非常にデリケートなものですので、いざ売るときになって広げてみたら大きなシミが出来ていた、ということだって多々あります。そのため着物をお持ちで将来的に売りたいとお考えであれば、常日頃から着物の手入れや保管には気を配っておくのが得策だといえそうです。また着物が売れる買取価格は、着物のサイズによっても変わってきます。例えばあまりにも小さいサイズの着物であれば需要が薄く再販売しにくいので、買取価格も低く収まってしまいます。

逆に大きいサイズの着物であれば、次の購入者が仕立て直して着ることが出来るので、着物買取業者にも好まれやすい傾向にあります。そのため着物の買取価格の予測を立てておきたい場合は、売りたい着物のサイズも確認しておくと良いですね。

着物を高く売るには証紙が必須

高級着物の価値をしっかり査定してもらい高い買取価格で売りたいのであれば、着物についている「証紙」の存在は知っておいた方が良いでしょう。

証紙は出所がしっかり分かっている高級着物であれば大抵は付属しているもので、いわば着物の産地や価値の証明書のことです。着物を売るときに証紙があれば非常にスムーズに査定してもらうことが出来ますし、着物の本来の価値を理解してもらったうえでの買取価格の算出となりますので、着物が圧倒的に高く売れやすくなるのです。

また証紙があれば購入者も着物の価値をひとめで理解することが出来ますので、再販売がしやすく、買取価格が弾みやすいといったメリットもあります。